fc2ブログ

手術後1日目 

手術後は麻酔のせいで朦朧としていて
パパが傍で「お疲れ様」って言ってくれても何だかはっきり
受け答えできてなかったと思います

それでもはっきり覚えているのがウリ坊達の体重の事!

超音波の検査でははっきりとした体重差は無いとのことだったのに
実際は少し差があって、一人は1ヶ月前に検査で言われた体重!!
それも凄く見やすいところにいたチビに誤差があってちょっとショック。
一応TTTSも心配しなくてはならなくなりました

緊急手術、それも休日で大変だったけど、チビ達の体重差や見立て違いを
考えるとこれ以上遅いともっと負担がかかっていたかもしれないと前向きに
考えようとパパが話していました。


それでも子供達は先生方が心配していたより状況が良いとの事でしたが
皆保育器で酸素のチューブや点滴が繋がっていて
パパはやはり少なからずショックだったようです。

ウリ坊達の入院は1ヶ月位との事。
小さい子の体重が2500g以上になってから揃って退院のため
大きい子は3000gを超えての退院になりそうとのことでした

夜は感覚では3時間おきくらいに助産士さんがやってきて
悪露と傷口と子宮の戻り具合を確認していました。
これがお腹をぐいぐい押されたのですが最初は麻酔が効いているから
それほどではなかったものの麻酔が切れてくると痛くて痛くて・・。

それに体の向きを変えようと思っても傷口が痛くて変えられず
そんなこんなで明け方からは一睡も出来ませんでした・・・。

朝になるとその日の担当の助産士さんがタオルと氷水を持って来てくれました。
眠れなかった事を話すと少し眠らせてくれて、お昼から歩行練習。
ここで歩けると大嫌いな尿カテを外して貰えるため点滴スタンドを持って
必死にトイレへ・・・。
これほどトイレが遠くに感じた事もありませんでした。
そして無事抜去!!

この日はこれだけでヨロヨロになってしまいました・・・

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milktea2005.blog85.fc2.com/tb.php/76-edaebe89